保守管理(O&M)

発電量の最大化

発電所の発電効率と稼働率は、質と量において太陽光発電所のパフォーマンスを評価する指標となります。発電効率(PR)は、目標の数値に対して発電所の実際のパフォーマンスを表す数値である一方、発電所稼働率(PA)は、日照時間に対し発電所が稼働し、発電が行われている時間を指します。


発電所稼働率と発電効率の減少による収益損失の例

  • *日射量 1,250 kWh/m2
  • **2MWp DC プロジェクト
  • *日射量 1,250 kWh/m2
  • **PR 80%
  • ***2MWp DC プロジェクト
  • *屋根 Rate
  • **日射量 1,250 kWh/m2
  • *屋根 Rate
  • **日射量 1,250 kWh/m2
  • ***PR 78%

SEMは故障による損失や修理費を分析し、投資家へ発電所がベストな収益を上げる経済的判断の手助けをします.

リスクからの保護

O&Mはプロジェクトの最大現の発電量を引き出し、全てのリスクから守る働きをします。

リアルタイム監視

  • 詳細分析の日次レポート
  • 故障時の迅速な通知と対応
  • 時間と交通費の節約

チケット(エラー)管理

  • 効果的なメンテナンス作業
  • コスト管理
  • 効率的なリソース管理
  • O&M記録

予防メンテナンス

  • 故障の予防
  • 発電設備のパフォーマンスチェック

修理メンテナンス

  • 故障の修理対応
  • 発電量最大化の維持

アラームと通知

  • 事業者へ問題内容の通知
  • 迅速な対応

モジュール清掃

  • 発電所発電量の向上