会社概要

サンジェンエナジーマネジメント(SEM)は、土地や許認可取得から保守管理まで幅広い経験を持つグローバルな太陽光発電事業の投資家であり開発業者でもある、サンジェンエナジーインターナショナル(SGE)<香港>の子会社になります。

SGEは、数々のプロジェクトを開発・運営したきた中で、設計された発電量を最大限に引き出す効果的な保守管理システムの重要性を認識してきました。そして、O&M事業を展開するため、エス・イー・エム㈱という名称で日本で最初のオフィスを設立しました。

SEMは、日本を最初のマーケットとして、定期保守管理に財務リスク管理を統合したO&Mプログラムを開発し、発電所における管理可能・管理不可能なリスクから守ることで運営期間中の懸念事項を取り払い、収益の最大化を保証します。

日本の次のマーケットとして、SGEは台湾へのO&M事業拡大の為、本社として香港にサンジェンエナジーマネジメントを設立しました。SGEは、リスクを最小限化し、発電量を最大化するO&Mプログラム提供することに自信を持っております。

信念とコアバリュー

パートナー

SEMは、長期的に良好なパートナーシップを重点に置き、確かな保守管理の基、太陽光事業を20年間に渡って継続させます。しかし、その期間中プロジェクトを最大のパフォーマンスと収益に繋げる必要があります。SEMは、事業者が安心して収益を上げられるように、監視、運営管理を含む全てのプロセスにおいて投資家のベストパートナーになります。

ポテンシャル

SEMは、全ての太陽光事業が最大のリターンの為に発電量を可能な限り最大化となるように設計されていることを理解しています。SEMは、独自の管理方法と技術を用いて、各プロジェクトにおいて、目標達成を阻害するあらゆるリスクから守り、収益の最大化を図ります。このような幅広い経験とノウハウを基に、プロジェクトの発電量の最大化、収益の保証を行います。

現地化

現地化は、SEMのビジネスにおいて常にキーとなっております。日次の稼働時間は限られており、稼働時間の中断は、太陽光事業においては著しい損失となります。SEMは、各地域において、より迅速なサービスを通して、そうした損失を最小限にする為、現地チームを形成しました。事業者は、リーズナブルな価格で収益の損失を減らすことができます。また、地元業者と協力することで自治体の経済活動にも貢献を行います。